長野県南部の南信州を走るローカル線「飯田線」の旅を紹介。山間の静かな田舎を路線バスやタクシーで訪れ、駅やバス停の近くの小さな民宿にのんびり滞在するスロートラベル紀行。

身体を休めるせっかくの南信州への旅行に、車を運転して行って疲れたくないなあ。

そんな方におすすめなのが、JR飯田線で行く「スロートラベル南信州への旅」。
愛知県の豊橋駅から南信州の中心「飯田」までは特急伊那路号で約2時間30分。
中央アルプスや南アルプスの大自然に育まれた南信州の光景は、日本人の心をくすぐる原風景。 そんな素晴らしい南信州の風景を車窓からのんびり眺めながら、一緒に旅する人との会話を楽み、飯田線にゆられて行く南信州への旅。車で行くのとはまた違った旅気分を味わえます。

JR飯田線は愛知県豊橋市から長野県辰野町を結ぶ全長約195キロのローカル線。
旅情たっぷり、魅力満載の飯田線で南信州を訪ねてみませんか。

飯田線の歴史

JR飯田線と南信州の場所

JR飯田線は愛知県豊橋市から長野県辰野町を結ぶ全長約195キロのローカル線。
旅情たっぷり、魅力満載の飯田線で南信州を訪ねてみませんか。

南信州へは特急「ワイドビュー伊那路」が便利です。
豊橋~飯田間 約2時間30分

長野県南部の旅行情報・
温泉や宿泊等の観光ガイド
南信州ナビ »